借金総額約500万円。家族に内緒で自己破産しました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族に内緒で。
2007年05月14日 (月) | 編集 |


本当に、家族に内緒で自己破産できますか?


最近そういうコメントやメールが幾つか届きます。

結論から言うと、


・・・・・できます。


いえ、私の場合は 【できました】


債務整理を弁護士さんに依頼した私は、
全ての書類は弁護士さんのところに届きます。
さらに、弁護士事務所から送られてくる手紙などありますが、
送付されては困るので、全てこちらから受け取りに行っていました。

連絡は全て携帯やメールで事足ります。

準備しないといけない必要書類に関して
私がもっとも苦労だと感じたものは、


①私名義で母親が乗っている車の車検証のコピー
②自分が乗っている車の査定

です。
他の書類はさほど大変なことなく集めることができました。

通帳のコピーも、私名義のものはそんなに利用も多くなく、
現在持っている口座を指定された日(持っていく日)の
前日に記帳するだけでした。


ただ、今もそうなのですが
申立書のコピーなどの弁護士事務所から受け取った書類、
これの保管場所が悩みました。
結局、私は自分の車の中に置いていますが、
100%安心な場所ではないので気が抜けません。

免責が確定されたら処分しようと思ってはいますが・・・。

以上は私の体験談です。

家族に内緒で借金を抱えてしまって
どうしたらいいのか悩んでいる方

なかなか家族に打ち明けられずに
どうしたら・・・どうしよう・・・
どうしよう・・・
なんて思い悩むだけの日が
ただただ過ぎて行ってしまって
そのうちに次の返済日が近づき
また新たな借金を重ねてしまう・・・
そんな繰り返しが一番良くないと思います。

 思い切って家族に話しましょう!
なんて他人事のように言うのは簡単です。

でも私は、それが出来なかった。

まだ債務整理に踏み切る前、
毎晩毎晩、遅くまでいろんなサイトを渡り歩き
何かいい方法はないか、他の方の体験談を読んだりしていました。

一番最初に知ったサイトの管理人さんは
家族に話しましょう、という考えの方のようで
そのことを書いた記事を読んだ時、
私は一旦、債務整理への道を諦めたことがありました。

どうにか自力で返済する方法はないか、
最後までそう思っていました。

結果としてそれは無理だったのだけれど・・・。





こんな私ですが、もし何か詳しく聞きたいことがある場合は
メールでお願いします。

banner_02.gif
e_01.gif
スポンサーサイト
コメントを下さった皆さま方へ
2007年05月04日 (金) | 編集 |

前回の記事を書いてから
5日も経ってしまいました。

その間にコメントを下さった皆様方、
ありがとうございました。

1つ1つのコメントは
その都度 携帯に転送されますので
拝見させて頂いていました。

でも、
何と御返事したらいいのか・・・
考えがまとまらず今日に至ります。

また、
新しい仕事の方もいろいろと忙しくて
PCに向かう時間がほとんどありませんでした。


まずは

オヤジさん、奈帆美さん、きなこ豆さん、
極悪妻さん、まるさん、釈迦明神さん、
応援ありがとうございます。
今まで応援して下さって
たくさんの力を頂きました。
本当にありがとうございました。

そして、猫さん。
えっと、まずは初めまして。
だと思います。
猫さんのコメント、何度も何度も読みました。

1つめに書いてある
『借金踏み倒し』の言葉は
・・・胸に刺さりました。

当たり前ですよね。
本当のことですから何も言えません。


ブログというのは、不特定多数の人が見るもので、
見る権利もあるし、コメントする権利もあるものです。

賛同、同感、同調する意見がいいのは誰しも同じだと思います。
でも、世の中にはいろいろな考え方の人がいて
いろいろな意見、いろいろな思い・・・どれも同じ意味ですが・・・
コメントとして反対方向からの意見もあっていいものだと私は思います。

私が常々思うのは、その言い回しです。
感情的に書いた文には、やはり棘がありますから。


言葉って難しいですよね。
文面だけで気持ちの細かいニュアンスは伝わらないものです。

でも・・・
猫さんが、よく他のブログなどで見かけるような
非常識で攻撃的なコメントをするような方ではないということは
その後の文面から伝わってきました。


なのでコメントを削除するつもりはありません。


貴重な時間を割いて書いてくださった
大切なコメントに変わりありませんから・・・




私は、今回の免責決定について、
手放しで喜んでは、いません。

確かに免責を得るために自己破産を選択したのですから、
このことはこの数ヶ月間の一つの目標となっていました。

だけど、
だからといって、
私の今までしてきたことが
全て消えるわけではありません。

その時までの私という人格が
急に変われるわけでもありません。


このことは決して
子供が生まれた時のように・・・
誕生日を迎えた日のように・・・

無条件に喜べる事柄ではないのです。

猫さんの仰ることと同じで、
いろいろなところに迷惑をかけたという事実。
そのことがとても大きく心に圧し掛かっています。


でもそのことを現実として忘れずにいることが
これからの人生の中での私に科せられたこと・・・。



私は本当にダメな人間です。
ずっと借金する人を馬鹿にしていたのに、
借金をして家庭を崩壊させた父を恨んできたのに
・・・同じことをしてしまった。

自分で自分が嫌になる。
これほどまでに思ったことはありませんでした。

借金をしたのは全て自分の責任です。
自分がダメ人間だから
自分がだらしないから・・・

まさか自分が自己破産者になるだろうなんてこと、
思いもよらなかった・・・。


いろいろなコメント意見があるとは思いますが、
皆さんからいただいた再出発へ向けてのエール、
ありがたく受け取らせていただきます。

本当にありがとうございました。

これからも、更生していくつもりの私のこと
見守ってくだされば幸いです。

banner_02.gif
e_01.gif
弁護士事務所に電話をする。
2007年04月06日 (金) | 編集 |
前回、友人に相談をすることで始まった私の債務整理への道。

実際には友人にメールをしました。

反応があるまでの間、かなりドキドキしました。

でももう私には時間がなかった。

すでに遅滞しているところがあり、他に借り入れできるところももうなかった。

ハッキリ言ってもう、どこかへ行って居なくなりたい気分だった。

こんな生活が嫌だった。

そうなってしまった、こんな自分が嫌だった。


そんな状態の私が彼(男友達なので)に救いを求めた。

友人から返事がきた。


今までの話の内容から、何となく、そうだろうと思っていたらしい。

そしてすぐに弁護士事務所へ行くことを勧めてくれた。

多少なりとも法に関わりのある仕事をしていて(?)法に詳しい友人が2件ほどリストアップしてくれた。

両方ともHPがあったのだけれど、どちらも決めかねる・・・。

どっちがいいのか分からない。

1つはTV(ローカルだけど)などにもよく出ている先生の事務所。

電話の応対をしてくれた女性はすごく事務的で、何となく嫌な気分。

もう1つは職場からも程近く、こじんまりとした事務所。

ママ弁護士もいるらしく何となく安心感を感じる。

電話の応対からはすごく、親近感を感じる。


後者に決めた。

このとき電話に出た女性、最初はママ弁護士さんなんだとばかり思っていたけれど、後から気づいた。

後に私の担当をしてくれるMさん。

絶対そう。

すごく優しくて親身になってくれる。

電話の口調ももちろんそうだった。

とにかく、日時を決め、友人についてきてもらって相談に行くことになった。

banner_02.gif
e_01.gif
債務整理~はじめの一歩
2007年04月05日 (木) | 編集 |
少しサイトも整理してみようと思います。
これまで『自己破産』というカテゴリだったものは
『体験談』というふうに変更。
新たに『債務整理について』というカテゴリを設けました。
少しサイトが見やすくなればいいかな、と思います。


借金・多重債務・自転車操業・債務整理・・・。
私もいろいろなサイトを渡り歩きました。

最初は『多重債務』というキーワードで検索をしていました。
そのうち、自力返済で大車輪、任意整理で過払い金返還、
いろいろなことを知りました。
でもそれを知ったその時は

『私はまだまだ大丈夫、そんなことまでしなくても』

そう思っていました。

でもそれは、問題を先延ばし先延ばしにしていただけ。
私の場合のはじめの一歩、それは


   友人に相談をする


ことでした。

banner_02.gif
e_01.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。