借金総額約500万円。家族に内緒で自己破産しました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人前で泣いた日。
2006年08月18日 (金) | 編集 |
どうしてそんな話になったのか分かりません。
ある休日。
蜜柑は父と車で出かけていました。
車を運転しながら父がいきなり 『お母さんのところに行くか?』 と言ってきました。
蜜柑は突然ですごくビックリしたけど、このチャンスを逃すものかと賛成しました。

母の住む街へ到着した父と蜜柑ですが、何故か母の実家にいます。
母の実家には、母の兄夫婦と子供2人、それに祖母が暮らしていました。
そこに母が来ることになっていたのですが、待てども待てども母は来ません。
最初はウキウキしていた蜜柑ですが、段々と外が暗くなっていくに連れて気分も暗くなっていきます。
胸のあたりがザワザワして変な気持ちです。これが嫌な予感っていうの??

結局のところ、現れなかった母。
『もうお母さんは来ないから帰ろう』 そう言って父は立ち上がりました。
『嫌だ!』 蜜柑は体育座りのまま動きません。
立ち上がった父がそっと蜜柑の腕を取ります。
その手を蜜柑は振り解きます。
そんなつもりないのに涙が溢れてきました。
人前で泣いたりするの嫌なのに、勝手にどんどん溢れてきました。
『せっかく、またママと会えると思ったのに。一緒に暮らせるかもしれなかったのに・・・』
寸前でのドタキャンに蜜柑の心は傷ついていました。
なかなか立ち上がろうとしない蜜柑を、父は力づくで立たせると車に乗り込みました。

父も泣いていました。
見送る伯父・伯母も泣いていました。

帰り道、なかなか涙が止まらない蜜柑に対し、父は慰めのつもりでしょう、こう言いました。
『○○は鬼や!』

蜜柑は再びドナドナの気分で、母の暮らす街からどんどん遠ざかっていきました。

大人なんて信じられない。
そう思いながら。

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
借金ブログランキング
【後から知ったこの話の本当のところ】
蜜柑がやってくると知った母親は、実家の近くにある親戚のうちで待っていた。
蜜柑たちが来たら連絡をするからと伯父に言われたらしい。
でも、いつまでたっても連絡がない。
嫌な胸騒ぎがして連絡を待たずに実家に駆けつけた。

時すでに遅し。
伯父も伯母も泣いていて、蜜柑は帰った直後だったらしい。

結局は母も蜜柑たちも騙された。
伯父に騙された。
そうすることが一番いいと伯父は判断してのことだろう。
でもそのことを知った時、蜜柑は伯父たちを許さないと思った。
何の理由があったかは分からないけど、伯父たちを恨んだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。