借金総額約500万円。家族に内緒で自己破産しました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌悪感。
2006年08月28日 (月) | 編集 |
中学3年生といえば、そう受験生。
蜜柑はずっと転校ばかりしていたのでおバカさん。
小さい頃から本が好きだったおかげで国語だけは得意だったけれど、他は・・・特に理科なんてチンプンカンプン。
母親はすぐに蜜柑に家庭教師をつけました。
医大の男子学生。
何浪かしてやっと合格したという先生で、すご~く体の大きい人でした。
でも、すご~く教えてくれるのが上手な先生でした。

蜜柑はすぐに先生に懐き、愛情の裏返しでいつも困らせるような質問ばかりしていました。
でも先生は、どんな質問(受験に関係ないような話でも)でもきちんと説明してくれて、それがとても理解できるようなことだったので、蜜柑は先生をとても信頼していました。

そういえば書いていませんでしたが。
蜜柑は3DKのマンションに母親と2人暮らし。
母親はもう夜の仕事はしていませんでした。
体が弱いという理由で、昼間も働いていませんでした。
じゃあどうして生計をたてていたのでしょう。
そうです。
あの 『おじさん』 に養ってもらっていたのです。
おじさんと蜜柑は相変わらずの関係のままでした。
ぎこちない空気。続かない会話。

おじさんは平日は夜に、休日は午前中にやってきます。
そのまま母親と出かけることもあるし、出かけないこともあります。
まるでここも自分の家のようでした(養ってるんだから当たり前だけど)。

でも、蜜柑がどうしても許せなかったこと。
それは、お風呂。
おじさんは蜜柑がいてもお構いなく、お風呂には必ず母親と2人で入ります。
蜜柑はそれが嫌でした。
嫌で嫌でたまりませんでした。
男なんて汚いって、その頃から思い始めたのかもしれません。
いやその前に、父親が自分のイトコと付き合っていた頃からそう思っていたのかもしれません。
とにかく蜜柑は、母親とおじさんに対する嫌悪感をどんどん募らせて行きました。

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
借金ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。