借金総額約500万円。家族に内緒で自己破産しました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供時代、完結編。
2006年09月01日 (金) | 編集 |
高校2年。
蜜柑にも好きな男の子ができた。
今までももちろん好きな男の子はいた。
でも蜜柑はすぐに転校してしまっていたので、どれも続くわけがない。
行った先、行った先で、気に入った子を見つけては心ときめかせるだけ。

基本的に蜜柑は、男が嫌いな女の子に育ってしまっていた。
中学の時、ある男の子を好きになった。
何が好きってわけでもない。
多分・・・見てるだけで十分な恋。
だけどその彼が蜜柑のことに気づき、そして・・・蜜柑のことを好きになってしまった。

中学を卒業してしばらくたって、郵便受けにその彼からの手紙が。
ラブレターだった。
読んだ瞬間・・・引いた。
書いている内容は別に普通のラブレター。
好きです、付き合ってください、みたいな。
でもそれが気持ち悪かった。
だから蜜柑はそのまま返事を出さなかった。
彼もそれ以上は何も言ってこなかったので、その恋はそこで終わった。

そして高校で好きになった男の子。
もうかなり、アタックしまくりでした。
誕生日とかじゃなくても、手作りのクッキーを放課後呼び出して渡したり、運動部だったから巾着使ってたのを見て、手作りの巾着をプレゼントしたりとか。
もうバレバレ、ってかバレても良かった。
いや、バレてくれた方がラッキーってカンジで。

そしていよいよ、修学旅行を目前に控えた蜜柑は、
放課後の教室に彼を呼び出してコクハク゚・*:.。. .。.:*・゜
後にも先にも蜜柑がコクったのはこれ1度きり。
貴重なことですよ! Sくん!
結果は・・・OK(〃▽〃)キャー♪

東京への修学旅行。
行きはフェリー。
夜の甲板で一緒に海を眺めちゃったり・・・って他に友達もいたけどさ。
ディズニーランドも一緒に回っちゃったり。
でも当時の蜜柑はコースター苦手で、Sくんは乗りたがったけど我慢してもらった。
ごめんね。それだけは今でもちょっと心残り。

そのSくんとは結局1年と続かなかったな。
何度か別れかけて、その度に仲直りしてきたんだけど、
1回だけ、うちの近所の中学校に二人で話しながら歩いて行ってね。
その時はじめて手をつないで歩いた。
それだけの恋。なんて純愛・~ヾ(゚ー^*)
結局のところフラレちゃったの、私。゚(゚´Д`゚)゚。
でもずっと好きだった。

高校を卒業する時、Sくんは県外の大学に行くと他の人から聞いたので、思い切ってサイン帳を友達に頼んで渡してもらった。
そしたらちゃんと書いてくれて戻ってきた。
サイン帳には県外の新しい住所が書いてあって、メッセージ欄には『楽しい思い出をありがとう。あの時はごめん』みたいなコトを書いてあって、すごく嬉しかった。
それで勇気出して話かけて、微妙に友達っぽい関係にはなれたんだよね。
卒業して県外に引っ越す前の日も会いに来てくれた。
引越してからもしばらく手紙のやりとりを続けてた。
でもSくんは、お互いに彼氏・彼女が出来たらもう手紙のやりとりは止めるって最初から言ってて、いつだったかな、彼女が出来たんだよね。確か。
それで手紙も来なくなった。
彼女がいたっていいじゃんってあたしは思ったんだけど、Sくんはそうじゃなかったみたい。
そう、だから蜜柑も新しい彼氏を作ったんだった。

今これを書きながら思い出しました。
そうして新しい彼氏が出来た蜜柑のもとへ、夏休みでSくんが帰郷し会いに来ました。
映画を見に行こうって誘われたんです。
彼女とは別れたって。
えぇ?! 聞いてないよ~。

その時、蜜柑のそばには新しい彼氏がいて、彼氏が怒って帰っちゃったりしました。
蜜柑は・・・本当はSくんのところに行きたかった。
でも、付き合いだしたばかりの彼氏もムゲには出来なかった。

あ~ん。タイミング悪すぎ。
あの時、Sくんと会ってたらどうなってたのかな、あたし。

子供時代の話は、一旦ここで終わります。
高校を卒業するまでって思っていたので。
ここから先のお話は『増えてゆく借金時代のお話』で書いて行きます。

人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
借金ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。